~ほっこりまったりひとやすみ~

いちご煮

 
この記事を書いている人 - WRITER -







いちご煮って知っていますか?ジャムではないですよ。
いちご煮とは三陸の料理で、ウニやアワビの入ったお吸い物です。
実家は岩手県の中でも内陸なのですが、たまに缶詰を買って送ってくれます。

なぜ海の幸が入ったこのお吸い物をいちご煮と言うか気になりますよね。
いちご煮の「いちご」とはやはり野になるいちごの事なんです。
ブルーがかったアワビの煮汁の中にウニの卵巣がまるで、朝靄のなかの新鮮な野いちごのように見えることから、いちご煮と呼ばれる料理なのだそうです。
地元以外でいちご煮と言っても絶対通じないのですが、とてもおいしいので三陸に行く機会がありましたら、是非食べてみてくださいね。

このいちご煮の缶詰の中には、ウニやアワビの身と磯の香り豊かな出汁がたっぷり入っていて、そのまま鍋に移して軽く塩味をつけただけでもおいしく食べられるのですが、うちではこれで炊き込みご飯をするのが通例です。お吸い物よりも炊き込みご飯のほうが子供たちも食べやすくて大好きなんです。今日はこの炊き込みご飯で贅沢な海の味を楽しもうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© saraeのひなたぼっこ , 2019 All Rights Reserved.